ビットコイン価格急騰、日本人の取引急増で?なぜ今日本人が爆買い?

最近、仮想通貨ビットコインの価格が急騰しています。積極的に買いを入れているのは日本人投資家と言われていますが、なぜビットコインに買いが集まっているのでしょうか。

これまでもビットコインは価格上昇が続いていましたが、その主な要因は中国人投資家による買いでした。
ところが中国当局がこうした動きに神経を尖らせ、規制を強化したことから、中国人による買いは少なくなったといわれています。

 日本では今年の4月から改正資金決済法が施行されており、ビットコインは準通貨として正規に利用できるようになりました。法的にグレーな面がなくなったことをきっかけに多くの日本人投資家がビットコイン投資に参入したと考えられます。

ネットの反応は、、、


「株式投資には消極的なのに、仮想通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル等々)の取引を行うのかが分からん」
「株より仮想通貨の方がはるかに博打なんだけど…」
「誰かが得するって事は、俺が損するって事だよな?」
「ワケも分からないのに飛びついて、後で泣きを見る人が激増しそう。」
「ビットって一部では、ネズミ講に使われてますよね」
「そして自滅する過去の経験を生かせないのが人間そして被害者面してワーワーとぬかす」
「欲に目がくらんで・・・後で泣きを見るぞ。」


など、多くのコメントが...