<イクメン> 上司にも妻にも責められる男たちの苦悩とはwwwwwwwww

厚生労働省が、男性社員の育休利用状況公表を企業に義務付けることを検討する、という報道が先ごろありました。現実に、育児に参加したいのに上司や仕事との板挟みになり、つらい思いをする男性は多くいるというのが、ネット上で話題に。


「シングルファザーならばわかるがイクメン、という言葉自体がおかしい。本来は夫婦で育児に関わるべきなのに。」
「だから男どもは結婚に消極的なんだよ」
「何でも言われ易い男性なんでしょう。普通に考えたらよく頑張ってる。」
「上司と妻に直接話し合って欲しい位だな。両方共にこの男性に対して思いやりが無い。尊敬の無い人間関係は遅かれ早かれ崩れる気がするが。」
「少子化になって当然の社会だね。」
「会社から出たら契約でもない限り電話など一切連絡は禁止にしてほしい。」
「普通に働くママが普通に味わう苦悩と一緒だと思います」
「そもそも「イクメン」って表現がふざけてるし。有休も満足に消化しない日本人に育児休暇は必要ない。」
「このままでは、古い習慣を変えようとしている男性達がもちません。やっぱり専業主婦の文化が良かったとなりかねない。」

など、多くのコメントが...