亀田ジム活動停止に!? 会長、マネジャーの資格剥奪!! 亀田家追放へ・・・

日本ボクシングコミッション(JBC)が7日、都内で記者会見を行い、
国際ボクシング連盟(IBF)スーパーフライ級の亀田大毅が
昨年12月の統一戦で敗れながらも王座を保持した問題で、混乱を招いたとして、
亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めないと発表した。

これは、事実上の資格剥奪となり、亀田ジムは活動停止状態となる。
亀田興毅、大毅、和毅の兄弟3選手が国内で試合をするためには、
新たに会長、マネジャーを置くか、他ジムへの移籍などの措置が必要になる。
亀田ジムは1月末に世田谷区に移転しており、春にオープン予定の新ジムの営業にも大きな支障が出てくるものと思われる。

亀田ジム代理人の北村晴男弁護士は徹底抗戦の構えを見せており、
今後の行方が注目される。