マー君 ヤンキースと7年160億円超で合意!!! メジャー史上アジア人最大契約!!!

大リーグ移籍を目指している楽天の田中将大投手が、
ヤンキースと7年1億5500万ドル(約161億5千万円)で合意した、
と米スポーツ専門局FOXスポーツのケン・ローゼンタール記者が自身のツイッターで伝えた。

日本人大リーガーではヤンキースのイチローがマリナーズ時代に結んだ5年9千万ドル(約93億8千万円)を大きく上回っただけでなく、今オフにレンジャーズと7年1億3千万ドル(約135億5千万円)合意した韓国人外野手の秋信守を抜いてアジア人最大の契約となった。

 またメジャー投手では、ドジャースのカーショーの7年2億1500万ドル(約217億5800万円)、タイガースのバーランダーの7年1億8千万ドル(約187億6千万円)、マリナーズのヘルナンデスの7年1億7500万ドル(約182億4千万円)、ヤンキースのCCサバシアの7年1億6700万ドル(約174億円)に続く、史上5番目の規模。他球団へ移籍した右投手では史上最大の契約となり、メジャーで1球も投げていない投手に対して超破格の条件となった。

 田中争奪戦にはヤ軍のほか、ダイヤモンドバックス、カブス、ドジャース、ホワイトソックスなどが参戦。ローゼンタール記者によると、田中側が4年目終了後に契約を見直すために残り3年を破棄できる条項が盛り込まれているという。