[速報] 消えゆく仕事、ワースト17 がネットで話題にwwwwwwwww

アメリカ労働統計局(BLS)の予測では、2026年までに就業者数が最低でも20%減少する仕事が17個、存在し、そのランキングがネットで話題に。


17位 研削、研磨職人 減少率:20.5%
16位 コイル巻き職人 減少率:20.6%
15位 電気、電子機器の組立工 減少率:20.7%
14位 郵便局長 減少率:20.9%
13位 データ入力作業員 減少率:21.1%
12位 電気機械の組立工 減少率:21.3%
11位 鉱山シャトルカー操縦士 減少率:21.9%
10位 電話オペレーター 減少率:22.6%
9位 コンピューターオペレーター 減少率:22.9%
8位 鋳物職人 減少率:23.4%
7位 鋳型職人 減少率:24.0%
6位 自動車修理工 減少率:25.2%
5位 時計修理士 減少率:28.7%





4位 タイピスト 減少率:33.4%
3位 駐車監視員 減少率:35.3%
2位 呼吸療法技術者 減少率:56.3%
1位 機関車運転士 減少率:78.6%


ネット上には、

「特に日本でも言える事だが、資産運用をうたい文句にする証券の営業マンが真っ先に消えるだろうな。なぜなら証券会社に資産を預けてだいたい皆損をさせられる。ノルマがあってマーケットが悪い時に限って数字が上がらないため、 会社からケツを叩かれてめちゃくちゃを始める。」
「今後労働力が足りなくなるのか、余るのか、バランス取れると良いですネ。少し働けばゆっくり休めるのが理想なのですが。」
「機関車運転士が減るということはアメリカでも動力分散方式に変わるということかな?日本じゃ客車列車はほとんどないからこれ以上減らないと思う。」
「呼吸療法技術者ってなんやねん。」
「マイナーすぎてぴんとこないよ」
「アメリカの雇用状況や産業構造が分からないので何とも言えないが、鋳物関係の職人って、機械が取って代わる要因が有るのか?自動車も、新品の組み立ては自動化できるが、修理工って仕事は、時計のそれも含めて今以上に減る要素が思いつかないな。」

など、多くのコメントが...


この記事へのコメント